ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「先生、肝炎になってみたらどうか。」


 本年10月27日、重度の肝機能障害患者に対する身体障害者手帳の交付に向けて、厚労省主導の「肝機能障害の評価検討会」が、関東労災病院名誉院長の柳澤信夫氏を座長として始まった。今回は2回目の会合で、意見を述べたのは、「薬害肝炎訴訟全国弁護団」、「日本肝臓病患者団体協議会」「特定非営利活動法人・肝炎家族の会」の3団体でした。下記が患者会の主な発言内容です。
 [患者会の主な発言]
 薬害肝炎訴訟全国原告団は、「肝炎患者は病気と治療のために大きな障害を抱えて生活しています。ぜひ障害者として十分な支援を求めたい」と訴えた。肝硬変の症状としては、突然鼻血が出てティッシュ1箱を使ってしまうことや、体の至る所にこぶができることなど、多くの症状を挙げた。
 日本肝臓病患者団体協議会の江東区肝友会で代表を務める小名健介さんは、体が重くて疲れやすいことや、すぐに眠くなること、足がつること(筋肉痛)などを挙げた。その上で、「肝炎対策を早期に進め、患者に負担を掛けないような医療制度を確立し、安心して生活できることを期待します」と要望した。

 特定非営利活動法人・肝炎家族の会は、ある型肝炎患者の25年間の経過を説明しました。


 今回のブログタイトルは、会合の中で、厚労省委員からの「障害者は、介助を必要とする人が多いが、肝炎患者が、人の手助けがなければ出来ないことは何ですか?」との質問に、肝炎患者のお一人が、その切実な思いからつい語気を強めて発せられた言葉です。厚労省委員の発言には、今までの障害者認定の基準に沿って、ただ機械的に処理していこうとしていることが如実に現われています。まるで肝炎患者に支援の必要はないと発言しているようにさえ聞こえます。そこに多くのウイルス性肝炎患者が生まれた背景(多くは、国(厚労省)の薬事行政のミスから発生した病気)や、何十年も病気に振り回されて、重度の障害に苦しんでいる患者の心の痛み、死への恐怖などは、全く考えられていないのです。この質問をした委員も、もしかしたらウイルスに感染していたかもしれないのです。自分が肝炎患者で重度の障害を持っているとしても、このような質問が出来るのでしょうか?
 更に、会合終了後に厚労省の担当者は、記者団に対し、「あと3か月ぐらいで結論が出ることはないだろう。報告書の取りまとめ時期がいつになるのか、現時点では分からない。」と語ったそうです。このように初めから当分結論は出ないと決め付けたような発言には、肝炎患者だけではなく、国民の安全・安心の医療を守ろうという気持ちが一切感じられません。普通に対応するなら、早い機会に良い結論が出るよう検討していきたいと思います位の発言があってしかるべきだと思いませんか。
 厚労省の全ての職員がそうだとは言いませんが、役人体質なのでしょうか?常に上から目線で他人事なのです。私たちが以前地方自治体への陳情に行ったときも、同じような対応だったので、やはりそうなのかと思わざるを得ませんでした。血糖値採血器具の使い回し等、未だにこのような事故が発生するのは、厚労省職員のこういった意識に原因の一端があるように思われてなりません。私の思い過ごしでしょうか・・・
 
スポンサーサイト

別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<B型肝炎訴訟ー国は闘う姿勢 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | インターフェロン治療の発がん抑制効果>>

この記事のコメント

はじめまして、川西といいます。肝炎患者さんは、医療によって作られたという認識が共通のものとでなっていない現実が、このような切ない話を有無と思っています。それをなんとか認識させて行くには、患者さんや家族国民の多くの声が国へ向かわないければなりません。是非、みなさんが出来ることから声を上げ続けてください。インターネットもそうですし、肝炎友の会などの患者会もそうですし、治った方だって苦労を強いられていたということをこれからの人たちが苦労するということを少しでも行きやすい世の中にするために、がんばっていきましょう。目頭が熱くなってしまって、語ってしまいました。ごめんなさい。
2008-11-20 Thu 07:09 | URL | kawanisihi #-[ 内容変更] | top↑
 現在、飲んでる薬(事故当時から飲んでるのも含め)は、【パキシル錠100mg】:気持ちを楽にして意欲を高め、気分を安定させる薬。(副作用:眠気等を起こすので車の運転や危険のともなう機械の操作等には十分に気をつけて下さい。)、 【リボトリール錠0.5mg】:発作を防ぐ働きがあり、気持ちを落ち着かせる作用の薬。(副作用:眠気等を起こすので車の運転や危険のともなう機械の操作等には十分に気をつけて下さい。アルコールとの併用は避けて下さい。) 【シキコール錠100mg】:肝臓の働きを改善する薬で、胆汁の分泌を増し、胆汁の流れをよくする薬。(副作用:下痢や軟便の症状があらわれることがあります。) 【ベザテートSR錠200mg】:コレステロールまたは中性脂肪を下げる薬。(副作用:全身倦怠感、筋肉痛症状、脱力感等を感じたら医師にご相談下さい。)・・ですがMRI検査・血液検査は半年に1度しますが、酒も、あまり飲まないのに(1週間に1回?ビール350ml程度)なのに
肝硬変になりやすい「γ-GTP」の数値が高い!コレは薬の成分作用による?と思われ 【シキコール錠】【ベザテートSR錠200mg】も飲んでますがちょっと怖いです。
 また自分トコへ遊びに来て下さい。まってます。
  では・・・また・・・
2008-11-20 Thu 12:52 | URL | 智太郎 #Cv7CRq2s[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。