ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

治療も後半戦

  昨日、30本目のペグを打ってきました。珍しく頭痛は起こりませんでした。しかし、異常な眩暈でふらついて立っていられませんでした。貧血が進んでいることは分かっておりますが、果たしてそれだけが原因なのでしょうか。熱はいつも通り夜になってから上がって来ました。注射を打って直ぐ副作用が出てきたり、そうでなかったり、相変わらずインターフェロンの副作用は気まぐれです。それとも私自身の身体が普通ではないからなのでしょうか。ウイルス検査の結果は来週にならないと分かりませんが、肝機能数値は前回と変わらず良い状態は保っているようです。それだけでも良しと考えた方が良さそうです。結果はどうあれ、騙し騙しでも48週完徹させるという気持ちを持って、後半戦に臨みたいと思います。
 
この頃良く夢にうなされて起き上がることがあります。夢の中ですみません、ごめんなさい、申し訳ありませんとやたらと謝っているのです。しかし、相手が誰で何について謝っているのか全く覚えていないのです。社会に何の貢献も出来ず、その事を悔いて社会に対して謝罪しているのか、苦労を掛けてばかりの家内や家族に対しての謝罪なのか、体調のせいにして、肝友会としてしなければならない事が出来ていないその事への謝罪なのか、或いは、もっと単純な理由でそんな夢を見るのかもしれません。いずれにしても、自分には今の状況を詫びなければならないことは多い様に思います。それにしてもすっきりしない夢です。
スポンサーサイト
別窓 | 闘病記 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<第18回日肝協「全国交流のつどい・代表者会議」 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | Webに関する知識>>

この記事のコメント

 偏頭痛ってんですかね?薬の副作用か? 現在、飲んでる薬は、【パキシル錠100mg】:気持ちを楽にして意欲を高め、気分を安定させる薬。(副作用:眠気等を起こすので車の運転や危険のともなう機械の操作等には十分に気をつけて下さい。)、 【リボトリール錠0.5mg】:発作を防ぐ働きがあり、気持ちを落ち着かせる作用の薬。(副作用:眠気等を起こすので車の運転や危険のともなう機械の操作等には十分に気をつけて下さい。アルコールとの併用は避けて下さい。) とその他ですがね・・・
2008-11-29 Sat 11:32 | URL | 智太郎 #Cv7CRq2s[ 内容変更] | top↑
 頭痛って本当に嫌ですよね。でも、いつも明るく元気の感じられる貴方のブログを見ていて、そんなことは微塵も感じさせない強さを感じます。自分の抱える病気といつも向き合って闘っていらっしゃるのでしょうね。
 しかし、パキシル錠100mgとは我々からみるとすごい量に思えます。普通10mg位だったと思いますが、その辺が頭痛の要因となっているのでしょうね。私も毎日といっても過言ではないぐらい頻繁に頭痛が起こっていますが、なるべく薬には頼らない様にしています。
副作用によって別の病気を誘発することが怖いからです。だからどうしても我慢できない時だけに使うようにしています。
 いずれにしても頭痛って本当に嫌ですよね。
 
2008-12-01 Mon 09:36 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。