ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

B型肝炎、再活性化発見へ遺伝子検査に保険適用

 B型肝炎ウイルスの感染歴のある人が、免疫抑制薬や抗がん剤の治療をきっかけにウイルスが再活性化する危険がある問題で、厚生労働省は早期発見に必要な遺伝子検査や治療薬について保険適用とする通知を都道府県などに出した。

 通知は22日付で、感染歴のある人に遺伝子検査を行う場合の保険の算定について「医学的に妥当であれば差し支えない」とした。

 B型肝炎ウイルスの遺伝子検査はこれまで慢性肝炎患者の治療効果を診る時などに実質的に限られており、感染歴のある人への検査は、ほとんどの場合、医療機関に診療報酬が支払われていなかったため、改めて周知徹底を行った。

 B型肝炎ウイルスの再活性化は免疫抑制薬や抗がん剤の治療開始前から定期的に遺伝子検査を行い、微量のウイルスを検出した時点で、早期に抗ウイルス薬で治療して抑えることが必要だ。今回の通知で全国の医療機関で検査・治療を保険診療で受けられる体制が整うことになる。

2011年928日 読売新聞)



B型肝炎、再活性化発見へ遺伝子検査に保険適用…の続きを読む

別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

≪厚労省薬食審第二部会 優先審査項目の 田辺三菱の新しい作用機序を持つHCV治療薬「テラビック錠」了承≫

 8月26日の厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会では、田辺三菱製薬のC型慢性肝炎治療薬「テラビック錠250㎎」(一般名=テラプレビル)の製造販売承認の可否などの審議をし、いずれも承認が了承された。
 
 テラビックは、C型肝炎ウイルス(HCV)の増殖を抑制する経口治療薬。新有効成分のテラプレビルを含有しHCVの複製に関与するNS3-4Aセリンプロティアーゼを阻害する新しい作用機序を持つ。
 現在の(HCVに対する)標準療法はペグインターフェロンとリバビリンの48週間併用療法だが、テラビックを加えた3剤併用療法で治療期間の短縮が確認されている。厚生労働省医薬食品局審査管理課は「投与期間の短縮という観点からも高い有効性が期待されてる。」としている。
 市販後調査と全例調査が付いた。2011年5月に米国で承認済み。備考からセログループ1(ジェノタイプI〈1a〉又はⅡ〈1b〉のC型慢性肝炎における
 次のいずれかのウイルス血症の改善、(1)血中 HCV RNA 量が高値の未治療患者、(2)インターフェロン製剤の単独療法、又はリバビリンとの併用療法で無効又は再熱となった患者を効能・効果とする新有効成分含有医薬品。

  (平成23年8月26日付 「日刊薬業」より)

 

 先日、年内発売濃厚との記事をブログに乗せたばかりですが、昨日、厚生労働省認可となったようです。この薬で多くのC型肝炎患者がウイルス感染の苦しみから救われることでしょう。更に、今後も多くの薬剤が開発されておりますので、必ずや肝炎が撲滅される日が来るのだと思います。
 今後、画期的に治癒する薬剤が出てくるとは思います。しかし、命との時間の勝負をしている患者には、この薬は使えない方が殆どです。命を救える薬剤が開発されるまでは、出来るだけの支援をしていくことは、絶対の救済条件だと思います。「肝炎対策基本指針」は出来ても、患者会が最優先事項としている「肝硬変・肝がん患者の医療支援」は相変わらず実行されません。肝炎患者が参加していない地方自治体の肝炎対策協議会が多いことも問題ですが、肝炎患者の意見が通らない「肝炎対策推進協議会」は何のために開かれているのかわかりません。
 今後、患者会としても何らかの対策を考えていかないといけないのではないでしょうか。

 


別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

<B型肝炎>救済の枠組み閣議決定 7000億円増税

 政府は29日、B型肝炎訴訟の和解金の財源について、臨時増税で7000億円を賄うことなどを定めた「全体解決の枠組みに関する基本方針」を閣議決定した。増税の税目については8月以降に開かれる政府税制調査会で議論するが、国民全体で広く負担を分かち合う観点から所得税が有力視されている。
 厚生労働省は、当初5年間で必要な和解金や定期検査代などの費用を1兆1000億円と推計。このうち、現在の患者に支払う8000億円分について、臨時増税の7000億円と厚労省予算の見直しで1000億円を捻出。残り3000億円は未発症者への支払いに充てられるが、感染を自覚していない人も多いことから請求状況を見ながら財源を確保する。

 厚労省は、集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染した被害者を最大約45万人、今後30年間で必要な和解金などの費用を3兆2000億円と推計している。
 救済対象者は、原告・弁護団と国が6月に調印した和解の基本合意書に基づき裁判所が認定。発症者(死者も含む)に1250万~3600万円、未発症者には50万円(感染20年未満は600万円)、発症から20年以上たった慢性肝炎の人には150万~300万円を支払う。【佐々木洋】

毎日新聞
7月29()11時45分配信


 
<B型肝炎>救済の枠組み閣議決定 7000億円増税…の続きを読む

別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

B型肝炎訴訟:福井の男性、新たに提訴 

 乳幼児期の集団予防接種で注射器の使い回しを放置した国の責任が問われている全国B型肝炎訴訟で、慢性肝炎を患っている福井市の50代男性患者が20日、国に損害賠償を求め金沢地裁に追加提訴した。

 富山県内の男性患者も提訴し、これで同地裁に提訴した原告は県内の3人を含め、北陸3県で23人となった。
 全国では同日、2人以外に患者159人が9地裁に提訴した。

 同訴訟をめぐっては、国と原告・弁護団が6月に基本合意書を交わし、和解金として国が発症者に最大3,600万円、未発症者に50万をしはらうことになっている。金沢地裁でも和解手続きに入ることを双方が確認している。

 同訴訟の北陸弁護団は同日福井市内で記者会見し、追加提訴した福井市の50代男性の「長年苦しい思いをしてきた。個々の患者の一刻も早い具体的な救済を切望する」とのコメントを発表した。

 同弁護団は感染者の無料電話相談(平日午前9時~午後5時15分)を受け付けている。問い合わせは泉法律事務所
0776(30)1371.福井新聞7月21日


B型肝炎訴訟:福井の男性、新たに提訴 …の続きを読む
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

未だ救済されない肝炎患者の支援

福井県内の患者会は、薬害肝炎被害者、集団予防接種や輸血による感染者、不潔な注射針・器を使用したことによる感染者など、多くのウイルス性肝炎患者の苦しみと願いを基に、「肝炎対策基本法」の早期制定、肝硬変・肝がん患者の療養支援を求める請願など、ウイルス性肝炎患者の救済活動に微力ながら取り組んで参りました。
 2008年1月には薬害C型肝炎の患者を一律救済するための「薬害肝炎被害者救済特別措置法」が成立、2011年6月には、集団予防接種によるB型肝炎訴訟について、国の責任を認め和解が成立し、一応の決着がつけられようとしています。しかし、未だカルテなどの証拠書類がなく裁判に進めないウイルス性(B・C型)肝炎患者は放置されたままです。証拠のあるなしで切り捨てられる問題ではありません。何故ならこれらの患者さんも国の責に帰すべく事由によってもたらされた医原病の被害者なのです。「同じ被害で救済に差が出る」という単純な理不尽を、政治はどうして是正できないのでしょう。
 B・C型肝炎患者は全国に350万人、県内にも約3万人近くの患者さん(推定)がいると言われています。感染防止対策を怠ったとして国に賠償を求めた訴訟も各地で起こされていますが、患者の大半はカルテや母子手帳がなく感染を証明できておりません。



未だ救済されない肝炎患者の支援…の続きを読む

別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。